MENU

フランスで開発されたトリートメント機器エンダモロジーの説明とその効果について

エンダモロジーというのは1986年にフランスで開発された機器でもう25年以上の歴史を持っており、エステティックや医療、スポーツ選手のトリートメントなどに幅広く利用されています。

 

 

 

エンダモロジーという言葉はギリシャ語で「皮膚の科学」という意味があります。 フランスのLPG社の創業者であるルイ・ポール・ギテー氏が自身が交通事故で怪我をして治療をした経験をもとにし、リハビリ中の苦痛や施術者する人の負担を軽くする目的で開発されたそうです。

 

 

 

エンダモロジーは今や世界の110カ国以上で導入されていて、1日に10万人にのぼる人々がその施術を受けており、世界で初めてFDA(米国食品医療局)の認可も得ている信頼できる機器です。

 

 

 

エンダモロジーを使うと、肌に密着するヘッドと2つの独自に開発された独立駆動型ローラーの働きによって、人の手ではとても不可能な3次元のストレッチやマッサージなどのトリートメントを行うことができます。定期的にエンダモロジーによるトリートメントにすることよって、血液やリンパなどの流れがよくなり代謝が促進されます。また固まったセルライトの脂肪を揉みほぐして分解し除去してくれる働きもあるので、脂肪によるたるみやでこぼこのない美しいボディラインを作ってくれる効果があります。