MENU

エンダモロジーの使い方のコツ

エンダモロジーはそもそも傷跡の修復やリューマチの治療に開発されたもので、皮膚を吸引しながらローラーで揉み解していくものです。その結果として、絡み付いているフィブローズや蓄積されている老廃物が排出されやすくなるほか、血行が活性化されることによって脂肪の燃焼効率が上がることになります。さらに、皮膚の真皮にある線維芽細胞が刺激されることによってコラーゲンの生成が活発になることも期待できます。

 

施術する際には専用のスーツを身に着けることで、皮膚を傷めることを防ぐとともにマシンのローラーが滑りやすくする効果を高めます。

 

エンタモロジーによる効果は、あくまでもリンパ液や血液の流れを改善させることにあります。そのためにセルライトの改善などには効果的ですが、体重の減少に与える影響はあまり期待できません。しかし、足首など肉を落としにくい部分が使いようによっては驚くほど細くなります。

 

また、脂肪吸引手術を受けた後のケアにもエンタモロジーが効果的です。脂肪吸引を行った部分は、血液や水分の流れが一時的に衰えることになります。そこで、循環が回復に向かってくる施術後2週間程度をめどにして、エンタモロジーで刺激することによって循環がよくなります。